2012-04-26

水泳技術の歴史を調べる(板子乗り編)

Hollow Wooden Surfboard 木のサーフボードを作る
水泳技術の歴史を調べる から続く

日本では古くから波乗りをしていた。水泳技術の視点から見ると、波乗りとは今日でいうボディサーフィンで、水泳の応用技術として体系化され、板子(ボード)は補助手段であった。

大正13年(1924)に出版された「日本體育叢書 第十二編 水泳」(佐藤三郎著、目黒書店)には、板子乗りについて詳しく記述されている。
「(前略)濤乗りの練習には先づ板子を以て練習するがよい。
(中略)練習の初めには足先の着き得る浅瀬で試みるがよい。濤頂を待って濤が小さいときは濤頂が三尺位大きい時は一間程も後に來た時、底を蹴って跳び出し(第百三十三圖)體をなるべく平たく、短距離のクロールの姿勢になり、板子を持つたときは片手で支へて足はバタ足を細かく使ひ片手で片抜手を速く細かく使つて乗る。一旦乗つたら手は兩手とも板子にかけ、足はバタ足を使つて少しづつ濤から残されるのを防ぎながらいけば岸邊まで乗つて行ける。(第百三十四圖)(後略)」


なお、板子の使用法については次のように述べられている。
「板子を使用する場合は主として次の三の場合である。
1、溺るるものを救ふとき又は遠泳などで非常に疲れた者を救ふときに持つて行くとき。
2、難船等の場合一身を救ふため。
3、始めて泳を學ぶとき。
(中略)縦に板を用ふる法
百廿六圖のやうに板を縦に用ひて泳ぐのであるが。板は腰骨に當て體は板に乗りかゝるやうにし先手の肱から曲げて腕を斜に板の上に置き指は他方の縁を握り、足を扇り受け手を片抜手一段の要領で掻いて進む。此時板の先端は水面から四五寸出して水面を辷るやうな気持で泳ぐがよい。(後略)」


板子は浮力体として、今日のパドルボードやライフセービングのレスキューボードの役割を果たすことが認められていた。

以上、日本の中空木製サーフボード製作の先駆者、nobbywood surfboards 代表の大川信仁氏が板子乗りの情報を求めているのを知り、大川氏に敬意を表すべく、自分が知っていることをこのブログに書いた。

水泳やボディサーフィンは時代や国を超越した文化と言える。大正時代の日本で技術が体系化されて記録に残され、たとえ一時的に忘れられても容易に再現できるのは誇るべきことだ。先人が築いた文化をこれからも大切にしたい。津崎亥九生、佐藤三郎両氏は、自分の著作が100年後にインターネットで紹介されるとは思いもよらなかっただろう。それができて光栄だ。

▶ 水泳技術の歴史を調べる へ戻る

12-05-01 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
水泳史上、練習の補助具(今日の「ビート板」)として、日本の板子と西洋のボードが共存した時代があった。

 

昭和初期、齋藤巍洋(1902-1944)が2冊の本を著した(ともに三省堂)。写真左が「新日本水泳術 昭和9年(1934)より、アメリカ代表選手、ヘレン・マディソン Helene Madison(1913-1970)。右が「日本水泳読本」(昭和12年(1937))より、日本代表選手、根上博(1912-1980)。
マディソン選手は昭和7年(1932)のロサンゼルス五輪で3個の金メダルを獲得。根上選手は昭和11年(1936)のベルリン五輪で5位。
齋藤巍洋は大正13年(1924)のパリ五輪100m背泳ぎで6位。大正14年(1925)の第1回日本選手権水泳競技大会100m自由形で優勝。昭和10年(1935)にブラジルに派遣されて指導に当たり、翌年のベルリン五輪に役員として参加した際のエピソードや写真は「日本水泳読本」に紹介されている。

12-05-08 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
改めて板子乗りについて調べた。

板子乗りが水泳技術の体系とは別のものとして行われていた例もある。文政4年(1821)、現在の山形県鶴岡市湯野浜で、付近に住む子どもが瀬のし(板子乗り)をしていたと記録されている。

板子乗りが一般に親しまれるようになったのは、開国して日本に海水浴の習慣が持ち込まれたのち、明治中期頃からで、海水茶屋の板子の貸し出しが普及に寄与したようである。板子の中には、海水茶屋の馴染み客がスポンサーとして宣伝のために寄贈した商標入りのものもあった。

日本でサーフィンが始まった1960年代以前、少なくとも山形県(鶴岡市)、新潟県、千葉県(いすみ市、勝浦市)、東京都(八丈島、新島)、神奈川県(三浦市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大磯町)、静岡県(熱海市、下田市)、愛知県(田原市)、鳥取県、徳島県で板子乗りが行われていた。

増補 鎌倉の海」編集委員会の「増補 鎌倉の海」(鎌倉市海水浴場運営委員会、平成6年)に収録されている『座談会「愛されて100年 鎌倉海水浴場」』から、明治末〜大正初期には、由比ガ浜などでボディサーフィンや板子乗りが行われていたことが分かる。また俳人、高木晴子の「鎌倉育ち」によると、昭和初期の由比ガ浜で、女性や子どもが足が立つところで波を待ち、板子を補助に波乗りをしたという。

内藤千代子(1893-1925)「生ひ立ちの記」(牧民社、大正3年(1914))の「觀喜に輝ける夏」(P.52)から、当時女性が板子乗りをしたことが分かる。

幼女の友」第16巻第8号(幼女の友社、昭和7年(1932))に当時の海水浴の様子が紹介されており、板子が子どもが海水浴で遊ぶための浮き具として登場している。

日本のサーフィンの父、坂田道(おさむ)氏(1937-2012)の話から、昭和30年代後半、湘南に板子乗りがいたことが分かる。

板子乗りは、サーフィンの普及とともに次第に姿を消していった。高度経済成長期、主要な燃料が石炭から石油へと転換し、鉄鋼業や機械工業が製造業の中核となり、日本が本格的に工業国となった頃である。それまであったものが廃れ、新しいものに置き換えられた時代だった。

板子の寸法は幅30cm(1尺)、長さ45〜90cm前後(1尺5寸〜3尺)、厚さ2〜3cm(7部〜1寸)という。ノーズに板子を握るための横長の穴が開けられたものがあった。
大磯町郷土資料館板子が収蔵されている。旧新橋停車場鉄道歴史展示室で昨年8月2日から11月26日まで行われた企画展「日本の観光黎明期 山へ!海へ!鉄道で」でも同館の板子が展示された。神奈川県立湘南海岸公園サーフビレッジには複製品が展示されている。

0 件のコメント:

コメントを投稿